...

"Googleマップを初期化するメニューを選択してください。

有言実行

ありふれた言い回しですが、皮肉にも、コミュニケーションの重要性を言葉で言い表すことはできません。パートナー、同僚、家族、上司、顧客。コミュニケーションの相手が誰であっても、それぞれの人に合わせたコミュニケーションの形態をとることが非常に重要です。なぜなら、相手の印象に残るのは、あなたが何を言ったかではなく、どのように言ったかという点だからです。

素敵な記憶

それなら、こう考えるかもしれません。「私が何を言ったか聞いていないのだとしたら、わざわざ話しかける必要はないのでは?」実は、人の記憶には2種類あります。短期記憶と長期記憶です。私たちが見たり聞いたりしたことは、短期記憶として脳内に入り、数秒から1分程度しか記憶に留まりません。その情報が重要で、より長く記憶に留める必要があると判断されると、長期記憶に移されます。このプロセスには多大な労力が必要とされ、容量も限られています。そのため、誰かと話していて、その会話の内容を長期記憶にしてほしい場合は、いつもよりも丁寧に力強く、そして何より「短く簡潔に」話しましょう。

物理的なスペースの影響

場所は関係ないと思うかもしれませんが、コミュニケーションを受ける側の気分を考えると、環境も非常に重要です。オフィスに勤務している場合、通常は一人ひとりに机があり、自分の荷物も置けるので、それぞれのテリトリーであると言えます。その場所を使う人にとって、そこは安心できる場所であり、スペースの侵害はプライバシーの侵害と見なされる場合があります。そのため、スペースを侵害すると、相手との関係を築くことが難しくなってしまいます。しかし、Spacesでは、こうした問題がまったく起こらないコンセプトを採用しています。コワーキングスペースを共有する場合、決まった席はなく、いつも違う席を利用する方が一般的で、毎日別の拠点を利用することも可能です。そのため、毎日違う光景や様々な雰囲気を楽しめるので、脳に刺激が与えられ、情報を受け取れるように活性化されるのです。

Share this article
シンプルなアイデアからグローバル企業へ Read now シンプルなアイデアからグローバル企業へ Coworking(コワーキング: 名詞・形容詞) Read now Coworking(コワーキング: 名詞・形容詞)