...

"Googleマップを初期化するメニューを選択してください。

通勤に対処する

Spaces bike for coping with the commute

誰もが一度は経験したことのある、通勤。車でも、公共交通機関でも、自転車でも、あるいは徒歩でも、通勤手段にはそれぞれメリットとデメリットがあります。2時間通勤を数年続けている人に尋ねれば、通勤時間は1日の一部になってくると言うでしょう。このことから、通勤に耐える方法は習得できるものだということがわかります。通勤で苦労している場合に、覚えておきたいキーポイントを紹介します。

車は速いが渋滞する

1人なら自動車通勤は孤独な通勤方法ですが、孤独は必ずしも悪いことではありません。1人でいるのが好きな人であれば、孤独はメリットになります。通勤時間を熟考するための時間に充て、心の充電を行いましょう。あるいはカーラジオのボリュームを上げて、大きな声で歌うのも良いでしょう。誰にも聞かれずに歌うことは、怒りながら運転したり、不安を感じたりするよりもずっと前向きなストレス発散方法です。1人で車に乗るのが好きでなければ、例えばカープール(相乗り)をすることで寂しさに対処できます。

寂しさだけでなく、車の運転は環境に悪い通勤方法と言えます。しかし、電気自動車に乗れば環境への悪影響を減らすことができます。電車通勤やカープールでもよいでしょう。しかし、どんなタイプのドライバーにとっても共通のデメリットがあります。最も大きなものは間違いなく渋滞です。いつでも大都市の周辺やビジネスの中心地で発生し、ひどい遅延によって1日が台無しになる場合もあります。近道を知っている場合を除けば、避ける方法はありません(しかし本当に近道があれば最初からそのルートを通っているでしょう)。しかし、交通渋滞を避けるための運転というものは存在しません。運転中に直面する不快な状況に加えて、移動中だけでなく、目的地についてからもデメリットがあります。なかなか駐車スペースを見つけられず、一番近い駐車場が20分離れた場所にある有料駐車場だった場合、重要なミーティングを逃してしまう可能性が大いにあります。デメリットに対処するのは簡単ではありませんが、少なくとも車の運転はある程度自分でコントロールできるので、電車遅延よりもずっとましではあります。渋滞に巻き込まれた際には、落ち着いて10まで数えてみましょう。

混雑したバスや電車

時間通りで空席があり、清潔で快適に過ごせる場合に限れば、電車、地下鉄、バスに乗るのも悪くありません。公共交通機関で通勤する場合には、常にポジティブな面を頭に置いておくことが重要です。特に、きつい仕事で疲れた1日の終わりに席についてほっとできる瞬間は、とても気持ちの良いものです。ただ落ち着いて、1日のストレスを忘れさえすれば良いのですから。あるいは、メールやソーシャルメディアをチェックしたり、音楽を聴きながらニュースを読んだりといった自分の時間が必要な場合にも、公共交通機関は最適です。つかの間全てを遮断する時間と場所として使うことができます。

もちろん、実際に遮断できればよいのですが、そうできない状態に直面することもあります。大きな声で話す人たち、不適切な冷房や暖房、原因不明のにおいなど、あらゆるものが通勤を不快なものにしかねません。さらに、もっとひどい状況もあります。真冬に来ない電車を待つことや、混雑した車内で立つことが好きな人はいません。こうした状況では気分も落ち込んでしまうものです。しかし、最悪な状況を受け入れるように学習することならできます。苦しんでいるのはあなた1人だけではなく、他の通勤者も全く同じように感じているのです。良い会話ができれば、悪い状況でも耐えられるようになるでしょう。

徒歩と自転車がおすすめ

もしあなたが職場の近くに住んでいるのであれば、とても恵まれています。自転車や徒歩に勝るものはありません。健康に良いだけでなく、気候変動にも影響を及ぼしません。しかし、いつも快適とは限りません。無理もありませんが、自転車や徒歩は最も気候に左右される選択肢です。雨の中ノートパソコンを背負って自転車に乗りたい人や、吹雪や猛暑の中で長時間歩きたい人はいないでしょう。それでも、徒歩や自転車で通勤できるチャンスがあるなら、その方法をおすすめします。誰もが選べるわけではない、贅沢な選択肢なのですから。

Spacesは通勤を完全に無くすことはできませんが、可能な限り短くすることはできます。それが、私たちが世界中により多くのSpacesをオープンさせることに取り組んでいる理由です。最寄りの拠点を探したい場合には、拠点のページを参照してください。

Share this article
2019年2月新規オープンのSpaces - マイアミビーチから賑やかなムンバイまで Read now 2019年2月新規オープンのSpaces - マイアミビーチから賑やかなムンバイまで